シャネルは憧れのブランド

シャネルは1910年、デザイナーのココ・シャネルがフランス・パリのカンボン通り21番地にオープンさせた帽子専門店からスタートしたファッションブランドです。

シャネルの有名なモノグラムは彼女の愛称であるココの「CC」が原型となっています。

服飾、化粧品、香水、宝飾品、時計などレディース商品を中心に展開するされています。

古い価値観にとらわれない女性像をコンセプトとし、喪服でしかなかった黒をファッションカラーとして取り入れたり、より身軽で動きやすさを追求して男性の下着に使用されていたジャージ素材を取り入れたり、女性のパンツスタイルを提案したりと女性を解放し、社会進出の先駆けとなる新しいファッションを発表し続けました。

シックで着心地のよさを追求し、シンプルかつエレガンスを追求されたファッションは現在も高い支持を得ており、高級ブランドのひとつとして認識されています。

ココ・シャネル自身「メイクに光を」と語るほど化粧品の開発にも熱心で、現在でもその美しい発色で人気が高いです。

香水でもシャネルのチョイスにより世界的ベストセラー商品が誕生しています。

世界的な地位を確立したシャネルは女性の憧れのブランドです。

ちなみにシャネル買取店として有名なブランドファンなども利用するとお得です。

Read More

ルビー評価のポイントとは

ジュエリーの1つにルビーがあります。

ルビーは、元々欧州を中心として人気が高く、また、高い財産価値のある宝石として捉えられています。

ルビー買取には評価される基準が決められており、購入をする場合には、理解をした上で行うことが大切になります。

基準としては、カラー、内包物、輝きの3つがあり、この中でも欧州では、鳩の血の色が理想的なカラーといわれています。

ルビーでは、その色が濃くなればなるほど評価が高くなります。

しかし、逆にピークを過ぎて黒っぽくなった場合には、その評価も下がることになります。

点数としては80点以上がAクラス、60点以上でBクラス、それ以下に関してはCクラスの扱いになり、ここでの点数は価格に大きな影響を及ぼすことになります。

内包物は専門的にはインクルージョンとも呼ばれていますが、宝石内にある結晶成分とは異なる形態や個体、また、液体や気体、他にこれらが混合した物質のことを指し、ここでの内包物はルビーの輝きやカラーに大きく関係しています。

元々天然石となるルビーには内包物が含まれることが当たり前になっていますが、含まれていてもカラーが素晴らしいものであれば高値が付くことになります。

産地としては、ミャンマー、タイ、アフリカ、ベトナム、スリランカが代表的な地域として知られており、なかでも100点までの評価が与えられているものはミャンマーが産地となっています。

ルビーについての説明です

ルビーはダイヤモンドに次ぐ硬度の赤色が特徴的な宝石です。

「ダイヤモンドは宝石の王様、ルビーは宝石の女王」といわれ、インドではダイヤ以上に重要視されて宝石の王者とされました。

産地はアジアに偏っていて欧米では採れません。

産地においても宝石にできる美しい石が採れる場所は極めて限定されています。

また、3カラットを超える大きな石は産出量も多くありません。

7月の誕生石で、石言葉は「熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気・仁徳」などです。

そのため勝利を呼ぶ石、生命力を高める、カリスマ性を高める、意志と精神力を強める、組織・チームワークを固める、金運の上がる石などと言われています。

ルビーは強力なパワーゆえに、扱い方に要注意事項があります。

ルビーを持った当人が必要以上に我欲を求め、自己中心的になったり、権力を追求したり、嫉妬や攻撃的な感情など他者に対する強い邪念を持ったりすると、そうしたマイナスのエネルギーが持ち主のオーラに裂け目を作ってしまい、その裂け目から邪気が一気に進入して災難が降りかかるというのです。

ルビーの扱い方としてはあまり暗がりに置いておくのも良くないとされますが、太陽光による退色の恐れがあるためあまり長時間日光に当てない方が良いです。

Read More

買取タマの評判の高額査定の理由

買取タマは、高額査定が狙える業者として評判です。

買取タマが、高額査定を実現している背景には一体どのような企業努力があるのでしょうか。

一つ目に挙げられるのは、買取タマが誇る熟練の目をもった鑑定士です。

お客様から受け取った品を丁寧にひとつずつ鑑定していくことで、確かな価値を見出しています。

専属の鑑定士によって正しく価値が着けられることで、満足のいく高額買取を実現させることが出来ています。

また、買取タマの評判は宅配買取を主な買取方法として事業を展開していることで、店舗経営にかかわる光熱費や人件費を大きく削減しています。

ウェブ経営を主にすることで、できる限りのコストを削減し、それを高額査定としてお客様に還元しています。

高額買取をおこなうことで、より質の高い商品をお客様から買取、そしてそれを確実に販売していく。

このルートをしっかりと築き上げている買取タマだからこそ、高額査定を提供することができているのだということです。

確かな実績と、鑑定力でこのサイクルを作り上げてきた買取タマは、そういった面からも非常に信頼のおける買取業者であるということが言えるでしょう。

買取業者選びに迷っている方はぜひ買取タマをお選びください。

Read More

デイトナの前身モデル

ロレックスのコレクションの中でもひときわ人気が高いデイトナですが、ここではデイトナの前身となったモデルについてご紹介したいと思います。

デイトナの前身と言われているRef.6238は1950年代の後半にロレックスから発表されました。

初代のデイトナと同じバルジュー社製のキャリバーが使われていたことから、これがデイトナの前身だと言われています。

1960年代に入ってロレックスのクロノグラフは、コスモグラフ・デイトナとして確立されていきます。

Ref.6238がそれまでにあったクロノグラフと大きく違った点は、タキメーター目盛りが刻印されたベゼルが使われたことでありました。

加えて、インダイヤルのカラーは、文字盤とは違う色が使われ、2トーンダイヤルになったのでした。

今のデイトナのベースとなるデザインは、この頃に確立されたと言っても良いでしょう。

1960年代半ばに入り、そのムーブメントはより高い精度と、優れた耐久性を目指し、バルジュー727が使われるようになります。

そして以後、デイトナが自動巻きになるまでには20年間という期間がありますが、それまでこれは使い続けられることになります。

1988年の自動巻き導入まで使われたこのムーブメントがいかに優れ、デイトナの歴史を築いたかがお分かり頂けるのではないでしょうか。

デイトナ買取ならコチラのお店が定評があるようです。

Read More

ヴァンクリーフ&アーペル ぺルレ

ヴァンクリーフ&アーペルが作り出すジュエリーには時代を超えたファッション性が感じ取れると言われています。

ヴァンクリーフ&アーペルは、数々のデザイナーに自らのファッションショーに起用したいと言われるジュエリーを作り出してきました。

世界的に有名なファッションデザイナーのジュリアン・マクドナルドは、2003年カデナウォッチや、ダイヤモンドのジュエリーを自らのランウェイに起用し、ヴァンクリーフ&アーペルの作品は、テイラード・スーツにでも、クロコダイルのドレスにでもピッタリだと讃えたのです。

ヴァンクリーフ&アーペルを代表するコレクションであるアルハンブラも同じく、フォーマルからカジュアルにまで、どんなシーンにでもマッチするジュエリーとして世界中の人々を魅了してきました。

四つ葉のクローバーをゴールドビーズであしらったアルハンブラ。

その縁取り部分の、コントゥールペルレをテーマに作られたものにベルレコレクションがあります。

アルハンブラを作る際、丸みのあるビーズの縁取りは、アルハンブラらしい優しさを醸し出すのに欠かせない部分です。

1920年代から用いられてきたヴァンクリーフ&アーペルを屈指のディテールワークなのです。

アルハンブラの宝石を強調させるため採用されてきた技術を、今度はデザインのヒロインにしてしまったぺルレは、小さなビーズがいくつも連なった愛らしく、さりげなくも美しいデザインが楽しめるおすすめの逸品です。

Read More

ブシュロンはフランスを代表とするハイジュエリーブランド

ブシュロンはフランス生まれの高級ジュエリーブランドです。

1858年にフレデリック・ブシュロンがパレ・ロワイヤルに最初の店舗を創立したことから始まります。

1967年にパリ万国博覧会で革新的なジュエリーを発表し金賞を受賞したり、1878年のパリ万国博覧会でも一連の作品がグランプリを受賞しました。

またフランス王家のジュエリーのオークションにおいて、フランス人でただ一人の落札者となり、その影響により王族のジュエリースタイルを受け継いだモデルなどを創作しました。

1893年にパリのヴァンドーム広場にブティックを構えましたが、これは5大宝飾店であるハイジュエラーのグランサンクとしては初めてでした。

初期の頃からモスクワやロンドンなどの世界規模での店舗展開をしていました。

イギリス国王ジョージ6世の妻であるエリザベス王太后やイラン国王のお気に入りのジュエリーブランドの一つとなるほど王族や貴族にも愛されています。

ブシュロンは、あるスネークをモチーフとしたセルパンやキャトルリングなどが有名でブランドを代表するコレクションとなりました。

今では世界中のセレブリティーのお抱えジュエラーとして有名です。

2013年からブシュロンは有名アパレルブランドであるケリングの保有会社となりました。

使用しなくなったアイテムなどはクロムハーツ買取ブルガリ買取なども行っているジュエリーファンを活用すると良いでしょう。

Read More

ゴローズ魅力

ゴローズは数多くの芸能人に愛用されていることで有名です。

正統派インディアンジュエリーブランドとして世界で高評価を受ける、シルバーアクセサリーなどを展開するブランドです。

青山からスタートし、現在は原宿に拠点をおいています。

ゴローズで作られるシルバーアクセサリーは一つ一つ手作業で丁寧につくられており、そのそれぞれがこの世に一つしかないものとして、創設当時より根強くファンの心をとらえ続けています。

時代の経過に伴い変わっていく流行にもとらわれることのない彼のコレクションにこめるデザインと、使い込むほどに自分の歴史のように刻まれてゆくシルバーアクセサリーとしての味に多くの人が心を惹きつけられてやみません。

オーダーが殺到し、制作が追いつかないほどのコレクションはどれも手に入れるのが大変難しく、これも人気の理由の一つとなっています。

創設当時より、このようにシルバーアクセサリー界のトップを走り続けてきたゴローズは、数多くのセレブに愛され、その名を世界にもとどろかせてきました。

創設者の高橋吾郎氏は、自らインディアンジュエリーを愛し、作り出す作品全てに手に取る人と共に人生を歩む魂を込めていると語っています。

彼の作りなすデザインのセンスだけではなく、この作品に一途にこめるこだわりの精神こそがファンを魅了し、ゴローズが今日に至るまでになったのです。

ファン達は、高橋氏をシルバーアクセサリー界の伝説とも呼んでいます。

コチラでは買取なども行っていますので見てみて下さい。

Read More

翡翠とは

翡翠と聞くとどんな色を思い浮かべますか。

殆どの人が深い緑色を思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、実際にはピンク、薄紫、半透明、白、黒、黄、橙、赤橙など様々な色があり、もともと翡翠は透明に近い色の鉱物で、色がつくのは不純物や、他の鉱物の影響を受けてのものです。

いつからか翡翠色というのは緑っぽい色というイメージが根付いてしまったのかもしれませんね。

翡翠の宝石としての価値の違いが発生する大きな要因として、もっとも重視されるのは硬度です。

翡翠は「硬玉(ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト)」の2種類に分類され、宝石としての価値が生まれるのは硬玉が50%以上含有されているものです。

色、色の濃さ、大きさなど様々な要因があってその宝石の価値は決まりますが、【http://brand-star.info/jade/】や【http://brand-star.info/coral/】など買取に際しては、宝石鑑定士などの居る貴金属店に依頼をかける事が望ましいです。

理由としては、硬玉と軟玉を一般人が見分けるというのは非常に難しく、ネットなどで安いからといってむやみに購入すると、実際には翡翠とは異なる、翡翠に良く似た別の鉱物の可能性が高かったりします。

また、実際に翡翠であったとしても、軟玉が大半を占める宝石としての価値のないものだったりすることも。

逆に買取を依頼する時には、鑑定士が居ない場合だと実際の価値より安く価格を提示される可能性も。

一つの意見を鵜呑みにせず、色んな情報を取った中で自分が正しいと思う事を信じる事が大切かもしれませんね。

Read More

防水腕時計の魅力

世の中には 様々な機能が搭載された腕時計があります。

デザイン重視で選ぶ方や、インスピレーション、プレゼントで頂いた時計を身につける方や 搭載されている高機能で選ぶ方など 十人十色といったところだと思います。

腕時計を選ぶ際、比較的 多くの方が重視されている 好む機能として根強いのが「防水性」です。

防水性、防水耐性の腕時計といっても どの程度防水効果があるのかは、その腕時計次第ですが 腕時計に搭載されている確立の高い機能の中では重要視されるポイントです。

腕時計だけではなく、ケータイやスマートフォンなども防水の物が好まれています。
iPhoneがいいけれども、防水ではないので違う機種にした。
という話も耳にします。
スマートフォンよりもガラケーやフューチャーフォンがメインストリームだったころは 防水ケータイか否かを重要視した方も多いのではないのでしょうか。

腕時計も、常に身に付けているものであり「手首」という場所から なにかと水に近い場所になります。

高価な時計や、お気に入りの腕時計を身につけていると 手を洗うの時も水がかからないか心配になる方もいらっしゃると思います。

その点、防水機能の腕時計なら 手を洗う時の水くらいでしたら 心配することがありません。

身近なアイテム、常に手首に装着している腕時計だからこそ 大切にもしたいですし 毎回 水の近くにいくことでビクビクしていては 気疲れしていまいますよね。

使わない時計がある場合はコチラのウォッチファンで買取りしてくれますよ!

Read More

居抜き物件と敷金承継について

最近では、何らかの事情により自身では入居せずに賃貸物件として貸しているマンションなどの不動産について、借主が入居している状態のまま、居抜きの収益物件として売却するようなケースも増えています。

そこで、個人のオーナーが将来的に居抜き物件売却しようと考えている物件を、売却するまでの間賃貸で運用するといった場合に、居抜きの対象となる借主との賃貸借契約上、是非とも盛り込んでおきたい特約内容について、ここでは簡単にポイントをご説明したいと思います。

居抜き物件売却を予定している物件の賃貸借契約に入れるべき特約とは、簡単にいえば売却により賃貸人が変更になった場合に備えた借主預託敷金の承継についての特約条項を指しています。

通常不動産の売却が行われた場合、対象不動産を賃借している借主の賃借権は、売却による所有権移転とあわせた形にて自動的に新旧所有者間を移転することになりますが、この話と当初契約時に預かっている敷金とは別ものであり、居抜き物件売却により賃借権が移転されたとしても敷金返還義務が移転されることはありません。

そのため、居抜き物件売却により賃借権が移転した場合には、同時に敷金返還義務も移転するようにしておく必要があるのです。

こうしておけば、売却時に借主に対しては、売却により貸主が変更になることと、預かり敷金の返還義務も同様となる旨を通知しておくことで、敷金返還に関するリスク回避が可能となります。

今回記載した内容は、非常に重要ですのでコチラの情報サイトなどもご参考にしてみてください。

Read More